口臭予防ガム

ガムが口臭予防に良いといわれる理由とは?
MENU

ガムは臭いを消していない?でも口臭予防に良い実際の理由

ガム

 

 

口臭の予防に役立つ!!
と思われている最たるものの1つがガムです。

 

しかし、実は別にガムが臭いを取り去ってくれるわけではありません。
つまり、消臭効果のあるような成分が特に含まれているわけではないということ。

 

でもどうしてガムが口臭の予防によいのでしょうか?

 

口臭の原因の一つが、口の中に繁殖した菌です。

 

口の中には常に菌が棲みついており、唾液の分泌が減ることで
菌が繁殖し、口臭の原因になる物質を作りだします。

 

口臭が気になると口を動かすことが少なくなり、唾液の分泌が減ってさらに
口臭が悪化します。ガムを噛むことで口の中の緊張がとれ、
唾液の分泌が促されて口臭の予防になります。

 

ガムには舌苔を取り去る働きもあります。舌苔は悪臭を放つ原因です。
ブラシでこすると舌を傷つけてしまいますが、ガムなら舌の負担にならずに
取りされて臭いの原因を予防できます。

 

口の中を中性に保つことも予防に重要です。
ガムを噛んで唾液が分泌されると、唾液によって口に中が中性に保たれます。

 

唾液による口臭予防だけが目的なら、どんなガムでもよいです。

 

しかし、糖分を含んだガムは虫歯の原因になります。
虫歯も口臭を悪化させます。虫歯を防ぎながら口臭を予防するには、
キシリトールガムがおすすめです。

 

キシリトールは虫歯になりにくい性質があり、虫歯を気にせずに噛むことができます。

 

砂糖を使用していないキシリトールガムをできれば選ぶと良いでしょう。

 

このページの先頭へ