楽臭ハミガキは寝起きの口臭に効果ある?!独自検証レポート

噂の楽臭ハミガキは気になる寝起きの口臭に対して効果があるのか?!独自の方法にてその効果を検証してみました!
MENU

楽臭ハミガキの寝起きの口臭への効果は?!

楽臭ハミガキ

 

口臭、体臭サプリメントである楽臭生活で有名なグリーンハウスですが、
そこが販売している口臭ケア歯磨き粉が’’楽臭ハミガキ’’になります。

 

楽臭生活と似た系統のものかと思って調べてみたら、
楽臭生活とは結構違うところも多いようですね〜

 

要点だけまとめると下記表のようになります。

  楽臭ハミガキ 楽臭生活
ジャンル 歯磨き粉 サプリメント
目的 口内由来の口臭ケア ・腸内由来の口臭ケア

・体臭ケア
・便臭、おなら臭のケア

消臭成分 ・柿タンニン

・なたまめ(カバナニン)
・クマザサエキス
・プロポリス
・緑茶エキス(カテキン)

・シャンピニオンエキス

・デオアタック(R) ※ゴボウ&コーヒー豆成分

値段(1か月分) 1728円 3240円

 

色々と特長はもっていると思いますが、
口臭、体臭、便臭と守備範囲の広いのが楽臭生活の特長です。

 

そして、口臭に対する効果としての大きな違いは、
楽臭生活が腸に由来した体内から発生する口臭に効果を発揮するのに対して、
楽臭ハミガキはあくまで口内由来の口臭に効果を発揮するということ!

 

そのため、同じ口臭でも発生原因に合わせて、
楽臭生活と楽臭ハミガキは使い分ける必要があるということです。

 

そして、今私が気になっているのは口内由来の口臭!
特に朝の寝起きに発する強烈な口臭対策として、
楽臭ハミガキをぜひ試してみようと考えたのです!

 

寝起きの口臭は就寝中に唾液の分泌量が減るという生理現象によって、
口内雑菌が増えてしまうことにあると考えられており、まさに口内由来の口臭!

 

その寝起きの臭いをなんとか楽臭ハミガキの効果で
なんとかできないものか試してみました。

 

楽臭ハミガキを購入して実際に試してみた!

楽臭ハミガキは通販限定のグッズということで、
とりあえずは下記のグリーンハウスHPより注文しました。

 

 

 

楽臭ハミガキは1週間くらいで私のお家に到着しました。

 

楽臭ハミガキの梱包状態

 

早速開封してみるといくつかの冊子が入っており、
その中に楽臭ハミガキの箱が埋もれていました。

 

開封した梱包

 

楽臭ハミガキの箱

 

早速中身を見てみるとスタイリッシュでシンプルなデザイン!

 

楽臭ハミガキのチューブ

 

なにはともあれすぐに楽臭ハミガキで歯磨きをしてみることにしました。

 

楽臭生活の中身

 

歯磨き粉の色はというと薄い緑色といった感じ!
ニオイはというと若干メントールみたいな爽快なニオイがしますが、
メントールは入っていないようでした。

 

楽臭ハミガキの配合成分

 

よ〜く嗅げば普通の市販の歯磨き粉と比べると独特のニオイがしましたが、
そこまで気になる程でもありませんでした。

 

歯ブラシの上の楽臭ハミガキ

 

早速歯ブラシに楽臭ハミガキを付けてブラッシングして効果を見てみることに!

 

楽臭ハミガキでブラッシングする私

 

歯磨き粉は味もちょっとだけ独特ですが、
市販のものと比べて、合成界面活性剤不使用、合成着色料不使用、ノンパラベン(合成防腐剤不使用)
というのをウリにしているようで、確かに変な刺激がなく泡立ちも少ない感じでした。

 

その代わり普段の歯磨き粉に慣れているせいか爽快感が足りなくて
ちょっと物足りない感じもします。

 

楽臭ハミガキで5分程磨いたあと、
口をゆすいだのですが、このときのスッキリ感みたいなものはかなり
感じられました。

 

ただ、口臭に効果があるかどうかというのは正直わからない感じですね〜
もちろん、歯磨きした直後なので口臭は軽減されているんでしょう。

 

楽臭ハミガキの寝起きの口臭への効果を定量的に検証

楽臭ハミガキはなんとなく効果ある気はしていたのですが、
やはり、それがどれくらい効いているかというのははっきりわかりませんし、
寝る前に使って寝起きにどれくらいの効果があるのかというのも気になります。

 

そこで2種類の方法で今回は寝起きの口臭への効果を定量してみることにしました!

 

@タニタブレスチェッカーでの効果検証

 

上記はタニタが販売しているブレスチェッカーと呼ばれるもの!
要するに自分の息の臭いを数値で測定できる便利なアイテムです。

 

フッと息を吹きかけるだけで臭いの強さを0〜5までの
6段階の数値で表してくれます。

 

これを使って普通の市販の安い歯磨き粉、楽臭ハミガキで
寝る前に歯磨きした翌朝の口臭を測定して比較してみることにしました。

 

  楽臭ハミガキ 市販の歯磨き(200円くらいのもの)
就寝前の口臭の強さ(歯磨き前)

3

3

就寝前の口臭の強さ(歯磨き後)

1

1

寝起き時(睡眠時間約6時間)

2

4

口臭強度目安 
0:無臭 1:弱い 2:口臭あり 3:強い時がたまにある 4:強い 5:非常に強い

 

市販の歯磨き粉とでも楽臭ハミガキでも
磨いた直後の口臭はほとんどなくなっていたのですが、
寝起きのところに着目すると楽臭ハミガキの方がだいぶ効果があることがわかります。

 

もちろん、寝起きの口臭を0にできるわけではなさそうですが、
一定の効果は望めそうです!

 

A官能評価での効果検証

続いて官能評価、つまり人の嗅覚を使って楽臭ハミガキの効果を検証してみました。

 

要するに楽臭ハミガキの効果を見るために、他人に自分の口臭を嗅いでもらって、
そのときの臭いをある基準に基づいた数値で表してもらったのです。

 

もちろん協力者が必要で、今回は私の妻にお願いしました。

 

ちなみに臭い判定の基準は6段階臭気強度表示法というとてもメジャーな方法が
ありますので、それにのっとって行うこととしました。

 

 

強度

表現方法

0

無臭

1

やっと感知できるにおい(検知閾値)

2

何のにおいであるかわかる弱いにおい(認知閾値)

3

楽に感知できるにおい

4

強いにおい

5

強烈なにおい

6段階臭気強度表示法とはいくつかある臭気強度表示法の一つです。
日本ではもっとも広く使われています。

 

そして、ブレスチェッカー同様に市販の歯磨き粉と比較をしてみました。

 

  楽臭ハミガキ 市販の歯磨き(200円くらいのもの)
就寝前の口臭の強さ(歯磨き前)

3

3

就寝前の口臭の強さ(歯磨き後)

1

1

寝起き時(睡眠時間約6時間)

1

3

 

多少はブレスチェッカーの結果と異なる部分はあるものの
だいたい同じような結果になりました。

 

楽臭ハミガキを使うことで少なくとも市販の歯磨きよりも寝起きの
口臭を抑える効果が期待できそうです(^^)

 

 

このページの先頭へ